カードローンの限度額

カードローンは、総量規制の影響を受けないのでかなり大きな額の融資を受けることが可能です。これがキャッシングだと収入を考えてその3分の1までしか貸してくれませんが、カードローンならそれ以上の金額を借りることが出来ます。カードローンは銀行などが扱うローンで、そういった所は大口の融資のノウハウがあるので大きく貸してくれます。勤め先があって収入も安定しているようなら、大概は融資をしてくれます。融資額に応じた金利が付きますが、金利はそう高くないので借りるならカードローンの方がいいという人も多いです。ネット銀行なら最高で1千万まで貸してくれる所もあります。大手銀行でも、年収や勤続年数に関係なく貸してくれる場合もあります。大手銀行はサービスもしっかりしていて、金利も安定しています。借りるなら大手銀行のカードローンはお勧めです。ATMも多くの場所にあり、コンビニエンスストアのATMでも対応できる場合もあるので、大手銀行のカードローンは便利です。限度額は本人の仕事や家族のことでも変わりますが、その借り入れ先との信頼関係を築いていくことによってもかなり変わってきます。また、他に借入先があったり過去に返済に事故があると信頼はあまり無い状態から始まります。しかし、信頼関係が出来れば増額は可能です。増額の相談は借入先とよく相談の上行うようにしましょう。

職業によってカードローンの審査が通りやすくなるのか

カードローンの申し込みにあたっては、「どういう職業に就いているか」を書かないわけにはいきません。しかし、就いている職業によっては、かなり書きにくいと感じる人もいるでしょう。しかし、基本的に、返済するだけの収入が得られている、ということさえ証明できればよいのですから、どんな仕事をしているかはあまり問われません。もちろん、多額の融資を申し込みするのであれば、一流企業に勤めているとか、役職に就いているとかの条件はかなり大きな意味合いを持ってきます。逆に、水商売であったり風俗であったりの勤務だと、審査がかなり通らないこともあります。理由としては、これらの仕事が若さが売りの商売だからだという説があります。何年も続けられないのでは、という見方をされるわけです。特に風俗では、個人事業主という扱いになることもありますが、この個人事業主というのが非常に審査では不利だということもあります。また、日雇いの仕事や派遣でも審査基準は辛くなります。明日からの収入が約束されてはいないわけですからね。とはいえ、一般企業に正社員として勤務しているのであれば、ほとんどカードローンでそれが問題になることはありませんので、大概の人は大丈夫です。

カードローンの返済が滞るとどうなるの?

カードローンの返済は、通常さほどの負担にはなりません。いわゆるキャッシングの一括返済とは異なり、月々数千円から数万円の引き落としだからです。ほとんどの場合、給与などの収入の振込があれば、知らないうちに引き落としがされているというような感じになるはずです。しかし、そうした収入がなかったり、他でたくさんのお金を使っているようだと、そんなカードローンの支払いも難しい場合があります。もしカードローンの引き落としができないと、すぐに督促の手紙が送られてくるはずです。そして翌月など、別の引き落とし日が設定され、さらに幾らか上乗せされるに形で引き落としがされる。基本的にはそれで完了です。このぐらいなら、カードローンの返済をしなくても、なんとかなるような気がします。しかし、それは表面上の話。支払いができなかったという記録はしっかりと残り、各社も閲覧できるようなところに保存されます。支払いが完全にストップした場合は「事故」と記録されます。こうなるとあらゆるキャッシングやカードローンが使えなくなります。いわゆるブラックリストに載った状態になるのです。こんなことにならないよう、返済日には確実に返済を行うことです。